So-net無料ブログ作成
検索選択

三池崇史監督、凶悪犯役の藤原竜也を「演技じゃない。わりと素」と暴露

松嶋菜々子の気になる話題ニュースをエンタメ芸能センターが配信します。

【DVD】やまとなでしこ(4)/松嶋菜々子 マツシマ ナナコ大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也らが27日、東京・丸の内ピカデリーにて行われた映画『藁の楯 わらのたて』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【拡大画像や他の画像】

同作は、『ビー・バップ・ハイスクール』などで知られる漫画家・きうちかずひろが、木内一裕名義で発表した同名小説が原作。幼女を惨殺し福岡に潜伏中だった犯人・清丸国秀に10億円の懸賞金がかけられたことにより、全国民を巻き込んだ追走劇がはじまる。大沢たかお演じる警視庁警備部SP・銘苅一基とそのパートナーの白岩篤子(松嶋菜々子)は、金に目がくらんだ人々を退け、任務を全うしようと奮闘する。

この日は、大沢、松嶋、藤原のほか、伊武雅刀、永山絢斗、三池崇史も上映後の舞台あいさつに出席。大沢は「35度くらいの暑さの中でこの作品を撮っていたので、撮影中は一貫していい意味での緊張感がありました」と振り返り、「みんなで力を合わせていいチームワークの中で撮影できていたんじゃないかと思います」と共演陣をたたえた。一方、拳銃の構え方などSPの振る舞い方に注力したという松嶋は、「すぐに身につくものではないので長時間かけてトレーニングしました」と役作りのエピソードを披露した。

また、"人間のクズ"こと清丸国秀を演じた藤原竜也は、「(公開)2日目から多くの方々に集まっていただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べ、「みなさんここで僕に手を出したら…」と役柄を匂わせ観客の笑いを誘う。その凶悪犯を演じた藤原に対し、本作でメガホンを取った三池崇史監督は、「あれ演技じゃないんですよ。わりと素なんです」と暴露し、観客は爆笑。「ちょっとお酒が入るとだいたいあんな感じ。みなさんどうか、夜の街で出会っても気軽にかけないように」と言いながら、「そんなことないんだけども(笑)」とブラックジョークを飛ばしていた。

舞台あいさつ後には、カンヌ出品を祝っての鏡開きが行われたが、樽を支える台座には「カンヌ無量!!」の気になるフレーズ。これは、伊武が22日に都内で行われたイベントに出席した際に、「感無量」とかけて言い放った渾身のダジャレで、さすがの伊武もあらためてクローズアップされると少々照れくさそう。そして登壇者全員で鏡開きをし、大沢が樽の中に手を入れるとそこに入っていたのは酒ではなく"藁"。場内からは「ダジャレだ」などの声が上がる中、伊武はたまらず「"わら"わしてくれるわ!」と再びのダジャレを披露。場内からは笑いと共に拍手が起こっていた。

[マイナビニュース]
(この記事はエンタメ総合(マイナビニュース)から引用させて頂きました)



松嶋菜々子





松嶋菜々子に関連する気になる話題や情報があれば次回も、エンタメ芸能センターが載せていきます。

Copyright © エンタメ芸能センター All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。